02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

サコログ | Sakolog

完全私的カスタム情報・商品紹介・イベント情報・最近の出来事等をアップしています!ぜひ覗いていってくだちぃ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ジャック・マイヨール 

おつ。
土日雨DEATH。。
と言うことで、「グラン・ブルー」を見ました。

「グレート・ブルー」に49分の未公開シーンを付加したロング・バージョンが
「グラン・ブルー」である。
もう何十回見たかは分かりません…
なぜ見たくなったかというと…

100307_01 100307_02 100307_03

オメガのリューズが、またバカになりました。
これは1997年に買ったオメガのシーマスター、ジャックマイヨール・モデルの
3番目のやつです。
これはジャックマイヨール・モデルが出て文字盤にイルカが始めて入ったやつで、
迷わず買いました。

かれこれ寝る時以外は常に付けてます。そしてもう13年!
前回の修理もリューズがバカになってですね。
水が入らないようにリューズがねじ込み式なんですが、
そこがすぐにバカになります、それ以外は壊れたことは無いです。
あとは自動巻きなんで付けてれば勝手に巻いてくれるのでご機嫌です。

と言うことで僕の大好きなジャック・マイヨールの映画が
「グラン・ブルー」なのです。
「Jacques Mayol Offical Site」

僕の実家は海に近く小さい頃から素潜りして遊んでいたんですが、
ジャック・マイヨールはその素潜りで人類史上初めて100メートルを超える記録を
作った人なんです。しかも49歳で。。
最終的な記録は1983年 : 105 m(55歳にて)

1983年、母親の葬儀に参列するためにマルセイユに行った折に
リュック・ベッソンと出会う。
1988年、自伝をもとにした映画「グラン・ブルー」が同監督により製作され、
世界中の人にその存在を知られる。
2001年12月22日イタリア・エルバ島の自宅の部屋で首吊り自殺。
遺骨はトスカーナ湾に散骨された。
ウィキペディア参照

機会がありましたら「グラン・ブルー」見てみてください。
イルカと、海へ還る日
スポンサーサイト
2010/03/07 Sun. 18:26 | trackback: 0 | comment: 0edit

パワーコーン 

おつです。
今週末は天気がまた悪いです。

と言うことで、今回は「パワーコーン」を入れてみたいかと思います。
「パワーコーン」って何さ?
呼び方はパワーコーン、トルクコーン、スパイスバルブなどいろいろあるらしいです。
主にハーレーなどでドラッグパイプ装着時に抜けが良すぎる場合に付けると、
トルクが上がったり、歯切れの良い音になったりするそうです。
普通にトルクの出てる状態だとあまり体感できないそうです。

*1 100306_01 *2 100306_02 *3 100306_03 *4 100306_04

さて、まずイージーライダース製の「AR POWER CONES」ネット通販で3,150円(*1)
を装着(*2)ですが… ガスケットに当たる部分の厚みがあり、フランジが絞められない
様になってしまいました。トホホ。。

んで。ガッツクロームに行きクロムワークス製のパワーコーン3,150円(*3)
を見に行くとイージーのパワーコーンよりガスケットに当たる部分が薄いので
これは行ける!と思い購入。
思ったとおりフランジも閉まりました(*4)。
入り口出口の穴の大きさは両方ほぼ同じですが、イージーの方がくびれがあります。

そもそも僕のダブルはトルクは死んでないのであまり体感は出来ませんでした。
どちらかと言うとアフター対策で買ったんで。
そちらはあまり効果は無いようです。
なので抜けはラウドリーの音量調整でやった方が良いようです。
本当はフルオープンがご機嫌なんですが…

そして、フロントフェンダーの塗装も完成しました。
つや消しブラック、つや消しクリアーで塗装。

100306_05

あと、イージーライダースの2010パーツカタログも通販ついでに貰いました。
まだ貰ってない方はどうぞ!
つーか最近バイクネタばっかですね…
まあ、バイク乗り換えて間もないのでスマン!
2010/03/06 Sat. 15:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。