09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

サコログ | Sakolog

完全私的カスタム情報・商品紹介・イベント情報・最近の出来事等をアップしています!ぜひ覗いていってくだちぃ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

IWGP 

最近またIWGP見てまぁ~す。
新日じゃねぇ~よ。。

ぶくろぉ~さぁ~いこぉ~!

好きなキャラは電波くん。
最終回の電波くんはキレテタよ。。
「すっぺ~こと言ってんじゃねぇ~! おれ~たちゃ~もう!ケツに火がついてんだ!」
詳しくはコチラ>>

【ぽえむ】
そのときナミは左右の足の親指の間に
カンクロウの黒暴れ馬が分け入るのを
全身の五感で受け止めた…
それはギリギリの均衡を保っていた。
ナミの小宇宙をかき乱し…
突き上げ…
暴れ…
スポンサーサイト
2008/12/07 Sun. 22:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

アグリー・ベティ 

最近土曜の深夜にNHKでやってる「アグリー・ベティ」が
非常にキュートでカワイイ。

081116_01
「アグリー・ベティ」

内容は勤勉で賢いがルックスもセンスもイケてないヒロイン・ベティが、
一流ファッション誌の編集部でなんやかんやするモノ。

結構ファッションの現場設定だからサイバーな人とか出てくるんだけど、
それがなんかアンナ・カリーナ主演の「ANNA」的な感じと僕はダブったわけで…
それがきっかけで見るようになったんだけど。

人は何を好きになるか、何にハマルカなんてわかんないけどね。
ソコへ行くには何かしらの動線があるわけで…

非常にそのオサレ感やらほのぼの感やらなんやらが、
とても気持ちいいのです。
2008/11/16 Sun. 21:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

スペースコブラ 

Yes!Yes!Yes!
今日は「コブラ ザ・サイコガンVol.1」の発売日である。
『COBRA THE ANIMATION』
『スペースコブラ』は、寺沢武一による漫画『コブラ』を原作とした、
日本のSFアニメ作品である。
僕と同年代くらいのボーイなら幼少のころハマッタだろうアニメなのです。

080828_01
幼少のころは、どんなに自分の左腕がサイコガンだったら良いのにと思ったもんです。
まあ。ほんとに持ってたら、
子供の喧嘩でどんだけの子供の肉片を散らばしてきたものでしょう?

080828_02
そんなバカな子供のころの夢を…
なんか公式サイトで載ってたんだけど。こんなのが売ってるらしい!
コレつけて電車とか乗ったら捕まるんだろうなぁ~
後ろから羽交い絞めにされて。顔とかふまれるんだろうなぁ~
もうワクワクですね☆

テレビアニメや劇場公開版もあるので、観たことのない人や、うぉ~コブラの方は…
この機会に是非。クリスタルボーイを見てやってください!
カウボーイ・ビバップとか好きな人は絶対はまると思う。

サイコガンが俺の左腕にあったら。
まず、お前にぶっぱなす☆
( ´_つ`)Hey you! What’s your name?

肉片とびちります…
肉片とびちります…
肉片とびちります…

正直にいっても。ダメな時もあるさ。。
やっきりしちゃうね。。。
2008/08/29 Fri. 00:43 | trackback: 0 | comment: 2edit

東京ワンダーホテル 

今日はちょっと渋谷のツタヤでDVDを観てたら「東京ワンダーホテル」のDVDを発見した。
東京ワンダーホテルは2004年の深夜に放送していたドラマでフィクションとノンフィクションを
融合させたもので、シーズンごと4月、7月、11月、12月の一年かけて全4話放送すると言う、
ドラマであるのです。番組とCMが合体してるから、まさかDVD化されるとは思わなかった。

おもしろいと言うより、僕はその雰囲気だったり、
テーマソングの佐藤竹善の「Tokyo City Serenade」や
インフォマーシャル(ドラマとCMを融合)だったり、
いろんな業界の本物がドラマに登場していたりしてとても好きだった。

なんだろう?僕結構リアル感がある奴が好き。
舞台とかも好きだし。
昔からなんか、アメリカのホームコメディ的な感じが好き。
なんか良く笑いなんか入るやっあるじゃ。
シチュエーション・コメディってやつ。。
日本だと三谷幸喜の「HR」主演香取慎吾でテーマソングが奥田民生。
これもおもしろかったなぁ~

で、お話は戻りますが。
このドラマは東京にチェルシーホテルの様な文化の生まれるホテルを作ると言うもので、
それがリアルにドラマの進行と一緒に渋谷にホテルを作ると言う面白いものなのである。
ドラマに出てくる土地に実際にホテルを建てるのである。
それが、「渋谷グランベルホテル」。

結局はドラマ終了までには間に合わず、オープンはドラマ終了後になったんですが。
完成したときは観に行ったんですが、まあ普通のホテルでした。
続編で東京ワンダーツアーズと言うのが放送しましたが、
これはあまりと言うか、全然いい気持ちにはなれなかった。

1992年に「ビーナスハイツ」と言うシチュエーション・コメディがあったんだけど、
もう一度みたいなぁ~。
もう16年前になるのか?
良く覚えてはないけど、なんかいい雰囲気がすごく僕をふわふわさせるのである。
内容は「アパレルメーカーの男女兼用の独身寮を舞台とし、
個性的な住人たちのドタバタ劇を描いたシチュエーション・コメディ。一話完結。」
出演は石黒賢、国生さゆりなどなど…

人にはそれぞれ、たまらないほどの感覚。
僕のは透明感だったり。冬のキーンとした様な。。甘酸っぱい様な。。。
とてもジャジーでありソウルフルな。
あるっしょ?こういうの。。
それが自分の中では、最高のひと時なのである。。。
上手くいえませんが…
2008/04/07 Mon. 00:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

エクスマキナ 

昨日カイサのアニメ研究会の仲間と、
『EX MACHINA(エクスマキナ)-APPLE SEED SAGA-』を観に行った。
071020_01
士郎正宗原作の映画『APPLE SEED』の続編ではなく、
違う世界観で描かれたもの。
それに今回はアニメーション監督・荒牧伸志と『MI3』のジョン・ウーが
制作に参加している。

観た感想ですが、『APPLE SEED』の物語性を期待していくと、
期待はずれになりますので、違うものとしてみる方が良いかと。
ストーリーはいたってシンプル、CGアクション映画だね。

アクションはすごいです!それにCGがたまに実写にみえるお!
あとヤバイのが音楽監修:細野晴臣(YMO)で、参加アーティストがすごい!
テーマ曲「RESCUE」HASYMOは新生YMOの新曲。
音楽:HASYMO/細野晴臣/テイ・トウワ/コーネリアス/rei harakami/m-flo/WAGDUG FFUTURISTIC UNITY/RADIQ a.k.a Yoshihiro HANNNO/AOKI takamasa/太田莉菜/テクノボーイズ・パルクラフト・グリーンファンド。

あとはアニメなんだけど、主人公の衣装デザインをプラダのミウッチャ・プラダが担当。
特にパーティーのシーンの衣装なんかはカナリオサレかと。

『APPLE SEED』としてではなくエンターティンメント映画としてみれば、
みなさま、奥様方もかなり楽しめるんではないでしょうか?
と言うことで、簡単にレヴューしてみました☆
公式サイトはコチラ >>
2007/10/21 Sun. 13:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。