05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

サコログ | Sakolog

完全私的カスタム情報・商品紹介・イベント情報・最近の出来事等をアップしています!ぜひ覗いていってくだちぃ♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

B級チョッパー・ラン! 

関東スポーツスターミーティングがあるので、
MC Pandemicの純也なんかと合流して久々に流しに行った。

170423_01

MC PandemicでカスタムされたB級チョッパー!
いいねぇ~みんなスポ。

170423_02

純也のXLHをツバサ君が買ったんで、新しく作ったXLCHの1974っつてたっけ?
かっこええわぁ~

170423_06

厚木のいつものデイリーでタイキなんかと合流。
これまたカスタムしたアイアンを売って純正のXLCH900の1970を買うという。
これも初見だ。

170423_03

みんなでダベッテから行ったら速攻でスポミー終了。
なんか12:00くらいに終わって閉鎖するから出てけと。。。
このイベントはどうでもよく、みんなで集まって走る口実にすぎんな。

170423_04


170423_05

つーかみんなのアイアンボロイのに速ぇ~なぁ。
俺のオーバーホールしたけど、また前のエンジンからカチカチ音する病になって、
あんま回すとガチャガチャいってアフターファイアー出まくってエンジン回らなくなるんだけんども…
その状態になると一旦エンジン切らないとダメなんだけど。
なぜかエンジン切ってからまた走ると元に戻るという謎。まじ謎。。


ということで、
千葉に銚子の旭市でバイクややってるかっこよいMC Pandemicのブログは下記です!
“PANDEMIC” HOT ROD CUSTOM
http://pandemic0105.blog.fc2.com/

あとXLCHを自分でいじくってるタイキのブログは下記です!
ハイギヤードで行こう
http://taikinono.blog.fc2.com/

次回は行けたら5/6のロコハマナイトと5/28日の富士天神山でやる
A-DAYは井上さんなんかと行く予定です。
ご一緒したい方はご連絡ください。

以上ご査収お願いいたします。
スポンサーサイト
2017/04/29 Sat. 09:19 | trackback: 0 | comment: 1edit

MC Pandemic 2015走り納めアリランラン! 

純也のMC Pandemicの走り納めに参加してきました。
集合は千葉ポートタワーで昼は結構有名な八平本店にアリランラーメンを食べに軽く流してきました。

151226_01


151226_02


151226_03


151226_04


151226_05


151226_06


151226_07


151226_08


151226_09


151226_10

周りに何にもないのに結構人気で30分くらい待ちました。
ラーメンは玉ねぎニンニクが結構入って見た目ほど辛くはないです。
昔よくあったスタミナラーメンというやつでしょうか。
個人的には一度食べれば良いかなという感じですかね。
アリランチャーシュウで1000円でした… う~ん…

アリランラーメンどっとこむ>>

151226_11

パンデミック仕様のツバサ君のスポがえらくお気に入りなドースーさん
この形最高だよとしきりに…
人のバイクに乗った写真を撮ってそれを送れとみんなに強要。
そろそろ自分のバイクカスタムしてください…

151226_12


151226_13

ということで無事解散!
本年も有難うございました!
たまには千葉以外でツーリング尾根ギアします。

純也の“PANDEMIC” HOT ROD CUSTOMはこちら>>

千葉県旭市でバイクいじってます。
興味のあるかたはブログを見てください!
かなりホットで卑猥なカスタムが見れます!
元コーンズ・モータースで整備士してたので腕は確かです!?
2015/12/30 Wed. 10:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

Tokyo Night Sportster Meeting - 2nd - 

タイキが前々から行こうと言っていたTokyo Night Sportster Meetingというのに、
お邪魔してきました!
場所は若洲のゲートブリッジ近くのポートマート!
結構寒くなりましたが、まだまだです!
家に引き込もるにはまだ早い!

151128_01
久々のむつおさん。

151128_02
タイキのアイアン。この前のVMRSで買ったハンドルに変えたらしい。

151128_03
XLCR、 ブラックレインでマイケル・ダグラスが乗ってたやつ。

151128_04
リヤのブレーキディスクとスプロケが一体なイカシタエヴォリジ!

151128_05


151128_07

■ハーレーの427コブラ、83、84年型XR1000
83、84年に限定発売されたXR750の技術を投入した特殊なモデル、XR1000。
ハーレーワークスの最高技術をストリート・モデルに生かしたカスタムで、いうなればバイクの427コブラだ。
アメリカン・パワーを感じさせるのは、やっぱりVツインかV8だ。
コブラがキャロル・シェルビーなら、XR1000でその役を演じたのは、ハーレー・ワークスのレーシング部門の伝説的なエンジニで無敵のダートトラッカーXR750を生み出したディック・オブライエンと、ハーレー本社の元エンジンデザイナーで、ヘッドチューニングの達人、ジェリー・ブランチの2人だ。
XR1000は、ショベルヘッドのスポーツスターをベースとしている。フレームは82年型からのショベルと同じダブルクレードル、GSタンク、フェンダーなどの外装パーツはグラフィックが違うだけ…。けれど…。
エンジン関係は、シリンダーから上がまるで違う。まず、ヘッド。スポーツスターが鋳鉄なのに対してアルミヘッドで、ほとんどXR750だ。右に2つのキャブ(デルトロ36mm)、左にXR750と同じにアップした2本のエキゾーストパイプ&マフラー。燃焼室形状はより浅いものになり、ピストンもショベルの大きく盛り上がったものからフラットトップになっている。バルブのカラーはチタン。このヘッドはウイスコンシンで造った後、ブランチのいるカリフォルニアに送られ、ポート研磨やロッカーアームの角度調整(角度を調整するために、1度中央で切り離してまた溶接する)、そして組み立てられ、ウイスコンシンに送り返すという手間のかかる工程で仕上げられている。
XR750がアルミシリンダーなのに対して鋳鉄となったが、これはストリートユースを考慮した結果。
オブライエンによれば「鉄製のほうが強度があるし、熱ダレも心配ない」とのことだ。
フィンはショベルと一見して違いが分かるほど大きい。このシリンダーとヘッドは、長いスタッドで留められ、ショベルのように分離型のスタッドではない(そのためトルク管理は慎重に行う必要がある)。だからタペット調整以外は、エンジンを降ろさないとヘッド回りの整備すらできない。その代りタペット調整は、エキセントリック・ロツカーシャフトを回してから行うから、とても簡単だ(XR750と同じ)。エンジン高は、ショベルより低くなっている。
コンロッドも別物で、ボア×ストロークがショベルと同じ81×96.8mmなのに約12.5mmも短い。圧縮比は9.0:1。最高出力70ps/5600rpmは、ハーレーのストリートリーガルのバイクとしては最高だ。うれしいことに、ショベル系としてはこのXRだけが、完全に無鉛ハイオクでOK。
よくあるトラブルとしては、クランクピンの焼き付き。オリフィスの大きさ、位置が悪いためで、アフターマーケットから対策パーツが出ている。それと、クランクケース左側、ギアシャフト(クランク左末端)を支持しているベアリングの鋳込み部分のガタだ。ここにガタがでると、タペット音のヒドイような異音が出るのですぐわかる。そのままにしておくとクランクがおどり、結局ピストン、シリンダーなどエンジンの主要部分をダメにするから要注意だ。このトラブルは構造的にXRに限ったことではないのだけれど、XRでは絶対といっていいほど起こるから覚悟すること。
その他、デルトロのキャブは引きが重く、戻りも悪い。これは、ケーブルのジャンクション・ドラム(キャブからの2本ケーブルとハンドルからの1本がまとまる、通称タイコ)のフリクションが大きいことが原因だ。ワークスXR750と同じように、ミクニ・フラットバルブに変更する人が多いのもわかる。また、左2本だしの特徴あるマフラーは鉄製で重く、左に曲がりたがるXRのクセを助長している。対策としては、スーパートラップのエキゾーストからマフラーまでをアッセンブルされたステンレス製に変えるのが一般的。このスーパートラップは、ワークスXR750やプロ・ツインレーサーのルシファーズ・ハンマーと同じものだ。
生産台数800台ともいわれる貴重なバイクだから、中古の価格も120万円を割ることはないし、程度のいいモノなら180万円は超える。加えて、選ぶほど市場に数がない。その中でも特に少ないのは、わずか50台だけの黒、オレンジ、白、ワークスカラーのヤだ。さらにリアは、18インチもオプションであった。
ただハーレーが好きだ、という人はこのマシンはヤメたほうがいい。XRじゃなきゃ、という人じゃないと、直線を走るだけでも難しいハンドリングや、4000rpmを過ぎてからのパワーを楽しむことはできない。
85年型からスポーツスターもエヴォリューションになった。ショベルの弱点を大幅に改良し、コンロッド、クランク、ヘッド、クラッチなどは、XRを超えるレベルだ。シリンダー、ヘッドともにアルミ製で、軽量、低重心、トラブルの多かった発電系も交流オルタネーターとなった。フレームは、ショベルの82年型ダブルクレードル。
軽いエンジン、補強されたフレームは、バランスが良く、ハンドリングは非常に快適で、本当の意味でスポーツスターとなった。

ハーレー・チューニング・マニュアル [スポーツ・スター編より]
2015/11/29 Sun. 11:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

10th Annual Motorcycle Swap Meet & HOT SUMMER CRUISE 

先日の10th Annual Motorcycle Swap Meet & HOT SUMMER CRUISEに行ってきました。
天気が微妙だったけど何とか午前中は持ちそうなので、決行です!
なので、いつもの集合場所のデイリーへ!

150906_01

いつも超遅刻してくるから余裕かましていったら俺が一番最後だ…
いつもは言っても中々行かねーのに今回は雨降るから、落ち着くまもなく速攻かよ!

150906_05

既にホットな奴らがわんさか。

150906_02

車検切れで前回見れなかった、タイキのアイアンをようやく拝見。
カッコええやん!だが純也のアイアンよりクラッチが固いエキスパンダー仕様。
ぜってーのりたくねー。
俺もアイアン後期のクラッチの柔らかさじゃなきゃアイアン乗ってねーよ。
手首がDEATHるっつーの。

150906_15

78年のアイアンらしいんだが、ジェネレーター付いてる所に、
オルタネーターが付いていて(V-TWINにそんなパーツがあるらしい)
その下にエヴォと同じオイルフィルターが付いている若干の変体仕様。

150906_03


150906_04


150906_06


150906_07


150906_08

厚木のスワップミートでバイザー買った店だ。
どこの店か知りたかったんだよな。
http://owl-motorcycle.owl-craft.com/

150906_09


150906_10

一通り鑑賞してまたデイリーでお茶。
んで、ゲートブリッジみんなで走ってコンビニ寄って解散という流れに。

150906_11


150906_12





150906_14

いやぁ~この後、家帰って速攻雨降り出してラッキー!
つか千葉軍団は雨くらったみたいでアンラッキー!おつー!
どうも毎回淡白でフラストレーションが…
なんか飯食いに行くとか走りに行くとかしてーなー!
次は11月の厚木のスワップミートかな!?
来年1月の車検時に腰上のオーヴァーホールするから金貯めなあかんわ。
という事で、暑さが引いて最高のRunの季節なんでみんな走んべーや!

( ・ω・)ノ゙ シーユー!( ・ω・)ノ゙ シーユー!( ・ω・)ノ゙ シーユー!
2015/09/13 Sun. 10:05 | trackback: 0 | comment: 0edit

パンクなお盆でした… 

お盆は実家に帰りましたが…
バイクで帰って、実家の駐車場に止めといて、ちょいと走ろうかと思ったら…
おいおい。

150815_01

どういうことだおい。
お盆じゃ店もやってないし、普通のバイク屋に行ってもインチ工具とかないやろ…
死んだ… あ~死んだ… 俺が一番死んだわぁ~!
もうやだお家に帰りたい。あの日に帰りたい。

150815_02


150815_03

ふざけんなよ、超ピカピカじゃねいか。
だれやねん、どういう原理やねん。

150815_04

とりあえず、小田原に2りんかんあるから熱海からパンク修理財買いに行ったけど
朝9:00時前に出たけど135号の下りの激渋滞で熱海に戻ったの13:00時やで…
んで、早速注入!
説明には入れてから2~3キロ走れと書いてある。
液体窒素と液体ゴムが注入され、走ることでチューブ内を駆け巡り塞ぐ仕組みらしい。

ちょいと走って空気圧見るのにガススタ行ったら、何?抜けてるやん!
速攻空気注入して家に戻るが、途中で微動だに動くことが不可能に。
ホルツのパンク修理剤なんなの?
一応チューブも大丈夫って書いてあったやん!
とりあえず、家のオヤジの知り合いの家の前まで行くことが出来、
そこから友達に電話したら、三島にハーレーいじってる店があると有力情報が!

ネットで検索すると三島に「シンプルモーターサイクル」と言う店を発見!
お盆だけどどうかなぁ~なんて電話したらやってた!
ラッキーやでーラッキーやでー
ちょっと渋られたが、今からレッカー行くからよろしくと、どうにか頼んで、
保険速攻でレッカー呼んだけど、お盆中だから時間掛かると言われ、
とりあえず、実家から弟に車で助けを呼び、知り合いのおじさんには、
ちょっとレッカー車でバイク置かしてと頼んだら、畑でスイカとカボチャ取れたから
持ってけと言われ、それどころではないねん、と思いつつ。
小一時間でレッカー到着!

150815_05


150815_06

そして、熱海から山を越えて三島の「シンプルモーターサイクル」に到着。
三島の国道1沿いはホームのはずだが今まであるの気づかんかった…
店主が一人でまわしてる高年式のハーレーのカスタム屋さんみたい。
聞いたらチューブあると言うことで、お願いして1時間ほどで完成。
お値段は9,500円なり

という事で、お盆はパンク祭りでした。
まじ、山崎春のパン祭りをしのぐ祭りだったぜい。
という事で、お盆明けからプチカスタム、リヤ18インチ化などを実施予定。
出来れば完成したアイアンでムーンのスワップミート行きたいもんだ。
( ・ω・)ノ゙ シーユー!

【SIMPLE MOTORCYCLE】
http://simplemotorcycle.blog135.fc2.com/
〒411-0902
静岡県駿東郡清水町玉川217-1
Tel/055-973-8069
Fax/055-928-4780
OPEN 10:00~CLOSE 19:00
定休日:水曜日/第3日曜日
2015/08/16 Sun. 10:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。